集客請負人 平賀正彦

集客 請負人 平賀正彦氏より推薦

◆職業病の肩〇〇を改善する方法◆
 ☆集客 請負人 平賀正彦氏☆

『私達のように、パソコン中心の仕事をしていると肩〇〇になることが多いですよね。特に今年に入ってから、肩〇〇に悩まされていました。以前はお風呂でゆっくりすると治っていたのですが、今回は治りそうもありません。
そんな時に会員の石井さんが販売する健康ネックレスを身につけてみたところ、2ヶ月で完〇(笑)。ここ3ヶ月は、まったく肩〇〇とは縁のない状態が続いています。もちろん、人によって合う合わないがあると思いますが、ご紹介させていただきます。石井さんのサイトをご紹介します。』

腰が痛いニャン!

特許取得の新素材・メタルメガ炭素製品「健康楽々くん」

メタルメガ炭素と原理、製品の特性及び全国のご活用者様のお喜びの体験と共に、医療現場で活用中の「補完代替栄養食品」を検索:「健康楽々くん」のホームページでご覧ください。
心とからだのカウンセラー石井 寛 も推奨しています。

はじめまして

特許:新素材・メタルメガ炭素オリジナルのNEW製品です。
開発者の宮田秀明名誉教授は、「ファッション性・デザイン性も大切ですが、ご活用者の痛みを伴う諸状況を改善するための製品です。体感満足度・機能性を考えて新製品を製作いたしました。」
その趣旨に賛同しましたので、普及推進製品として皆様にご提供することにいたしました。

NEWオリジナル製品は特許 健康楽々くん をどうぞ!
特許:新素材・メタルメガ炭素健康グッズ「MMCスッキリリング」「MMCスッキリベルト」オリジナル製品「特許 健康楽々くん」の一覧を下記に紹介致します。

弊社の製品は多くの優位点があります。既存の健康グッズと比較すると、血流を良くする可能性が高いので、短時間で痛みを伴う手首・腕・肩・首・腰・ひざ・足首のお悩みにお役に立ちたいと願っています。
成分は半永久的、持続する作用力、副作用がない安全性、長期間の使用が可能な堅牢性、月単位当たりの使用代金が極めて安価、装着が極めて簡単、長期間使用しても防菌・防臭。人々の健康に極めて有益な製品です。

「健康楽々くん」について

血流低下は色々と身体に悪影響があることはよく知られています。手足の冷え・肩コリハリ・関節痛・長時間の歩行と運動後の筋肉痛の悩みや辛さを感じておられた多くの方々から喜びの体験のご報告を頂いています。

電動モータの駆動と同じ原理と同様。

電動モーターは、磁界に電流(陰イオンの流れ)を流すと、「フレミング の左手の法則」にしたがって、ある方向に力が働き、その力によって駆動します。
人体内では常に磁界と電界が交互に発生しており、このような状態で「メタルメガ炭素」によって陰イオンを多くする(電流を流す)と「フレミングの左手の法則」による力が働くことによって血流に影響します。

【メタルメガ炭素健康製品の優位性として特許取得の項目概要】

①即効性
②副作用が無い
③長期間使えて極めて経済的
④極めて軽量
⑤装着が簡単
⑥強い陽イオン吸着作用
⑦強いマイナスイオン生成作用
⑧自然電磁波の微細電磁波変換作用

【開発者の声】
宮田秀明 摂南大学名誉教授 農学博士
メタルメガ炭素健康製品は2002年から開発して、2005年に製品化いたしました。2012年ィ特許取得いたしました。
実験データーを多数の使用体験を通して確認できましたので、お求めやすい価格でご提供できるよう努力いたしました。
多くの痛みをともなう悩みの皆様の健康と快適な生活のためにお役にたてれば幸いです。

「補完代替栄養食品」について

免研CAMが開発・企画・指導する「免研ブランド」の機能性食品は
アメリカ・カナダ等にてのCAMを推進する機関で既に使用されている
ものです。

『NPO法人補完代替医療推進センターCAMの目的
この団体は、難病を初めとするあらゆる疾患の当病患者を対象に、関係する専門家や医療機関その他の諸団体と提携を図り、現代西洋医学と補完代替医療との併用による治療法の研究開発並びに実践を行うことを目的とします。
補完代替医療とは、機能性食品、中国医学の鍼灸・漢方・気功・呼吸法のほか、各種の伝承医学、アロマテラピー、食事法等々を利用し自然治癒力を回復させ治療に導く方法。
そのための機能性素材や免疫機能賦活素材等々の調査研究開発事業を行うと共に、補完代替医療に関する情報の収集及び医療支援活動、相談活動を通じて、広く国民の健康に寄与することを目指します。医療に依存せず、自然に生きる 理事長 山本英夫』
併せて自然治癒力の増進のため有効な「補完代替医療」の「代替栄養食品」をご紹介したいと存じます。M-MMT推進センター 代表・心とからだのカウンセラー 石井 寛

ご案内

健康ネックレス&リング

ようこそ。

ranking

人気ホームページランキング

  • ホーム
  • >関節痛とヒアルロン酸治療では?

関節痛とヒアルロン酸治療では?

ひざ関節痛等でのヒアルロン酸の治療ですが・・・ Edit


関節痛の原因の1つが、関節の軟骨が減り、関節液が減少すること、

つまりヒアルロン酸の減少によって関節が痛くなることがあるようです。

その場合に関節内にヒアルロン酸を注射することで痛みを和らげるという

治療法があります。ところが、ヒアルロン酸を頻繁に打ちますと効果が

薄れてくるとされています。即効性を臨むとすれば、関節内注射が

有効だそうです。

一方では、サプリメントのみに依存することにも注意が必要と

されているのは、ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸のみ服用しても

コラーゲンが少なければ効果もあまり期待出来ないからだと

言われています。

友人や知人も「あまり効果が無いようになり辛さも我慢比べで、

マッサージや温泉等々色々なことを試しながら、

ダマシダマシしています。」とお聞きしています。

そのような方々のご活用者や、実は私自身が2010年10月に

我慢できない痛みから、変形性関節症と診断されました。

軽度なため1回程度でと上で、整形外科でヒアルロン酸を打ちました。

しばらくは特に左ひざ痛は階段の乗降、長時間歩行時、正座では

痛みが続きました。持病になるかなと少々案じていましたが、

当社の製品を活用しながら軽い運動も併用してきたことから、

現在はひざ痛では微小な意識はありますが、痛みがなくなり快適に

しています。

体感例から、「ものはタメシ」ででもご活用いただければ思います。

有難うございます。